スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食用植物のテスト

蝿毒草(はえどくそう)

 植物は最も手に入りやすいが、食用か食用でないかを判断する知識が必要とされる。中には食べられるが栄養のほとんどないものもあるので、栄養があって、広範囲に繁殖し、年中あるものを試して覚える。
 また毒のある植物を見分けることも大切だ。植物には必須ビタミンとミネラルが含まれ、タンパク質や炭水化物も意外に多い。油を含むものもあり、どれも粗質食糧(腸の動きを刺激するもの)で、身体の調子をよくする。

 食べられそうな植物は必ず試す。グループの場合、テストをするのは1人1つの植物に限る。テストはすべて行い、途中を省略しない。おかしいと感じたら食べないこと。
 腹痛になったら、暖かい湯をたっぷり飲むと痛みが治まる。痛みがなくなるまで食べない。激痛ならノドの奥に指を突っ込んでいの中のものを吐き出す。
 炭を飲むと吐き気を促してくれる。また、炭は胃の中の有害物を吸収してくれる。木を燃やした後に残る白い灰を水で練ったものも腹痛に効果がある。

テスト
1.見栄えのよいものを選ぶ
 まず、何の植物か見る。粘液質でなく、虫食いでもないことを確認。古くて虫がついているものは、ほとんど栄養はない。中には最盛期を過ぎると植物内の化学物質が変化して毒になるものもある。
2.匂いをかいでみる
 一部分をつぶして、アーモンドか桃の匂いがしたら、毒の可能性が高いので捨てる。
3.肌につけてかぶれをみる。
 身体の敏感な部分(前腕の内側など)に植物の汁をつけ、かゆみ、発疹、腫れなどが現れたら捨てる。以後、避ける。
4.口に含んでみる。
 前のテストで皮膚に反応がなければ、以下のチェックを行う。不快な反応がないかどうか、最低5分間は様子を見る。いずれも少量を用いる。
・唇で触れる。
・口の端にはさむ。
・舌の先に乗せる。
・舌の下に入れる。
・嚙む。
 口の中が焼けた感じがしたり、かゆみ、刺すような感じなら吐き出す。以後、避ける。
5.飲んでみる
 少しだけ飲み込み、5分間様子を見る。この間は他のものを飲んだり食べたりしない。
6.食べる
 ノドがヒリヒリしたり、連続性のゲップ、むかつき、吐き気、胃や下腹部の痛みなどの症状がなければ食用とみていい。
          imageCA7A6PLD.jpg
スポンサーサイト

昆虫を食べる

newsclip1374c14_mainimg_1_1_1_1.jpg カブト~2

 食用生物としては最も頼りになるのが昆虫だろう。たいていのものは非常に小さいが、ほとんどどこにでもおり、一食に十分な量をすぐに集められるくらいたくさんいることもよくある。
 ほとんどの幼虫は生のまま食べられ、その方が栄養価も高いが、調理した方が食べやすくなる。有害なバクテリアや寄生虫を殺せるので、煮るのが最も安全だが、適当な容器がなければあぶる方が手軽だ。焼けた石の上に置くか、残り火で焼く。
 バッタやイナゴ、コオロギなどの大きい昆虫は触覚、足、羽を取る。足の毛は消化器官を刺激し、詰まってしまうことさえある。毛虫を食べる場合は、内部を搾り出し、外側は食べない。カブト虫も、外殻を取り除く。
 アリやシロアリのような小型の昆虫は、つぶしてペースト状にし、調理するか乾燥させて粉にする。他の食べ物にとろ味をつけたり、しばらくもつので貯蔵できる。昆虫を食べることに抵抗があるなら、粉末にした方が食べやすい。スープに入れたり、他の食べ物と混ぜるとよい。
 昆虫を食べることは、最初は気持ち悪いかもしれないがすぐに慣れるだろう。珍味という人さえいるくらいだ。

山菜やキノコについて

山菜やキノコを食べるには、かなりの知識が必要になってきます。知らないものを安易に食べてしまうと、毒があって中毒を起こす可能性もあるので知らない山菜やキノコは食べない事が鉄則です。自分の住む地域や、サバイバル生活をしようと思う島付近の有人島などの食べられる山菜なども事前に徹底的に調べておく必要があります。
まず、専門の図鑑などを徹底的に頭に入れ、事前勉強を行う。
次に、サバイバルを行う島や地域のことを、そこに住む名人を探して教えていただく。
※「山菜やキノコなんて簡単に見分けられるよ」と気軽に言う人がいるが、毎年何人もの人が中毒症状を起こしたり命を落としている。
「冒険者は、何事にも慎重に」これが鉄則。よって、よっぽどの確信がない限り野生の山菜やキノコには手を出すな!

海草を食べる

海が近くにあるなら海草が波打ち際に打ち上げられている可能性があります。
そのまま海藻を食べることも出来るのですが、一度火を通してから食べるか、後の事を考えて天日干しをしておいて保存食にしましょう。
岩のりを見つけた場合は、真水で揉み洗いして、包丁やナイフなどで細かく刻んで、平らな場所に広げて天日干しして、カラカラに乾燥させれ海苔が出来ます。食べる時には、一度火であぶって食べると更においしさが増します。

炭火関連リンク 炭火ネットワーク

http://www.fnw.gr.jp/7rinhonpo/sumibinet.htm
ツリー型分類目次

openclose

プロフィール

メラメ〜ラ炭眼鏡

Author:メラメ〜ラ炭眼鏡
俺には夢がある。お金持ちになりたい、子供と酒を飲みたい、宇宙人に会いたい、死んだら備長炭で火葬されたい・・・どの夢も見ぬまま今に至る36歳2児の父。

ブログランキングに参加中。クリック願う。
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
麻雀時計 ver.索子(ソーズ)


ギョタク
ブログバロメーター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも

風水生活

つっつんのなんでも日記!~ネットショップスタッフの日常ときどき仕事~

自然大好き・島原

ブリッツしてもヨカですか?

島大好き夫婦の子育てにっき
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。