スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番知って欲しい奈留島のうに

「うに」といえば北海道の馬糞うにと思ってはいませんか?五島列島の「うに」はムラサキウニです。北海道の馬糞うにと比べたら身の量はとても少ないが、味は断然五島列島のムラサキウニが美味しいです。その中でも特においしいと自負するのが奈留島のムラサキウニです。とにかく濃縮されています。芳醇な香りと、まったりとした濃厚さが塩分とからみあってむちゃくちゃ美味しいんです。

ムラサキウニ
これがそのムラサキウニです。

奈留島産 粒うに
五島列島・奈留島沿岸で採れた「ムラサキウニ」に、ミネラルをバランス良く含んだ長崎県産天日塩を薄く加え、磯の香りと旨味をそのまま瓶詰めにしました。
スポンサーサイト

世界一の鬼鯖鮨

鬼鯖鮨
俺は鯖が大好きだ。生もしめ鯖も好きだが、しめ鯖は鬼鯖鮨に乗っかっている「生ではないのか!」と思えるくらいのものがいい。下手な職人がしめ鯖をつくると、味だけでなく見た目も悪い。その点三井楽水産の鬼鯖鮨にドスンと乗っかる分厚い真鯖のしめ鯖は、この写真を見ればお分かりだろう。日本に数ある鯖鮨を食した俺が、世界一と絶賛するこの鬼鯖鮨を、これから紹介します。


九州の北西洋上に帯状に横たわるのが五島列島です。
この列島のひとつ、福江島の北西端に位置するのが三井楽町です。ここ、福江島には鬼岳があります。鬼岳は島民の山の信仰の対象として鬼伝説を生み、また肥沃な地の恵みを授けてくれます。

長崎は広大な海の幸が多彩な風土を誇ります。 こうした豊かな海から水揚げされた新鮮な真鯖を当店独自の旨酢に漬け込み、しめ鯖にしました。五島の鬼岳に因みネーミングされた ”鬼鯖”は通常のしめ鯖と異なり、旨酢に浅く漬け込むことで、新鮮な鯖、本来の、生に近い旨味を強く引き出しています。 この鬼鯖を素材にして手作り鮨に仕立てたものが三井楽水産自慢の人気商品”鬼鯖鮨”です。まろやかな美味しさをお届けするためには、 やはり手間と時間が必要です。
長崎で獲れた新鮮な鯖の旨味を最大限に引き出した鬼鯖鮨を心行くまでご賞味ください。

長崎の魚が美味しい理由
長崎は多くの自然条件に恵まれています。
その1つが海流です。メキシコ湾流とならんで世界最大級の海流である黒潮から九州南西部で分岐する暖流対馬海流が五島列島を洗い対馬へ流れ込んでおり、この流れに乗って多種多彩な魚が回遊し、豊富な海の恵みをもたらします。

さらに五島列島が浮かぶ東シナ海には世界でも有数の大陸棚が広がっています。そして、そのほとんどが水深100~200mの極めて最良な漁場であり、それらと隣接していることにより漁師さんも獲れたてお魚の鮮度を落とすことなく魚市場に水揚げすることができるのです。

三井楽水産公式ホームページ

幻の「小島社中」本からすみ

カラスミ(唐墨、鰡子、烏魚子、鱲子)は、ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩抜き後、天日干しで乾燥させたもの。日本ではボラを用いた長崎県産のものが有名だが、香川県ではサワラあるいはサバを用いる。日本以外でも台湾やイタリアのサルデーニャ島、スペイン、エジプトでも作られる。ヨーロッパでは他の海水魚の卵巣も用いられる。

日本三大珍味にあげられるのは、あわび、うに、マツタケ、このわた、からすみ、うになどである。その他に地方地方で、特産品を三大珍味としてPRしているところも多いようだ。一般的には、「このわた」、「からすみ」、「うに」若しくは「うるか」でしょうか。本からすみの、ねっとりとした塩分の濃いチーズのような味わいは、高級な酒肴として珍重される。
名前の由来はその形状が中国製の墨、すなわち唐墨に似ている所から付けられたというのが定説になっている。

からすみの歴史
からすみは古くからギリシャ・エジプトに産し、塩漬けにして食膳に上がっていた。日本には江戸時代の初期に中国より長崎に伝来したといわれている。

歴史的なからすみに関する文献としては、豊臣秀吉が食したというものがあるとされている。江戸時代初期の文献では、慶安元年1648年10月19日夜に信州佐久郡岩村田の割元職の篠澤佐五右衛門良重が小諸城主青山因幡守宗俊公に料理等を献上した記録の中に「からすみ」の文字がある。当日からすみは、足打(折敷)という木製の器に盛られて提供されている。この文献は子孫が所有し、佐久市立望月歴史民族資料館にて一般公開されている。

中国からの伝来当時よりサワラの卵で作られていたが、延宝三年(1675年)、高野勇助が長崎県・野母崎方面でよく捕れるボラの卵で製造することを案出した[1]。


IMG_5247 (400x300)
これが幻とまでいわれる五島列島の富江町にある小島社中さんの「嘉良寿美(からすみ)」である。奥五島の荒波にもまれた純国産物ですので味や品質は保証付き、美しい琥珀色が見た目にも楽しませてくれる。江戸時代より続く、からすみ製造元の「小島社中」は、からすみの製造を先祖代々受け継いだ漁師達で運営され、ボラの産卵時期にだけ集まり「小島社中」として始めます。からすみ製造所は、全国にいくつか点在しておりますが、ボラを捕るところから行っている製造所はここだけではないでしょうか。

「ぼら」のうんちく
ボラは幼魚から成長魚まで5つの名前で呼ばれている。ハク:2cm位まで,オボコ叉はスバシリ:3~18cm,イナ:18~25cm,ボラ:25~50cm,トド:50cm以上のもの。「とどの詰まり」とは,このボラが語源とのこと。

五島地鶏しまさざなみ

五島特有の環境により育まれた「五島地鶏しまさざなみ」
しまさざなみ
五島市の新たな特産品ブランドとして、給餌や飼育方法に拘り生産農家が一羽一羽大事に育てあげております。
また、飼育プログラムを作成し管理を徹底しており、飼育の後期には五島産の米、麦、お茶、ひじき、椿油を餌に加え独自性を出しております。その結果、一般的な若鶏に比べ低カロリー、低脂肪、高タンパク質との結果(食品環境検査センター分析)が出ました。

俺的には炭火焼が一番!塩コショーをふって、真っ黒になるくらいに炭灰を纏わせるまで焼き、カラシかワサビで食べるのがベストと考えている。また、こいつが産んだ卵も絶品。五島にいらしたら是非「五島地鶏しまさざなみ」をよろしくどうぞ。
炭火が一番! うまそう!

伝説の五島牛

平成23年11月26日、27日の2日間、五島市籠淵町で第11回JAごとう農業まつりが開催された。五島牛や五島豚の炭火焼試食をたくさん食べた。バリうまでした。やっぱり炭だね。ビンゴゲームでは俺の家族4人で参加し、2日間で計4.3kgの肉をGETした。たぶんダントツ1番だろう。それはさて置き伝説の五島牛について説明しよう。


山海の幸に恵まれた島「長崎県五島列島」。玄界灘より流れる潮風に育まれた牧草は、まさしく絶品と呼ばれる物を育てあげました。
その名は「五島牛」。知る人ぞ知る最高級の牛肉として、多くの食通と呼ばれる方々に支持されている牛肉なのです。その旨さは、某「美味しい」有名グルメ系コミックスでも取り上げられた程。その場面を見た事がある方も多いのではないでしょうか?

「五島牛」の歴史
五島牛の歴史は古く、福江市内の遺跡より出土した牛歯の年代測定をしたところ、弥生中期のもので「日本で最も古い牛の遺物のひとつ」と言われており、五島における人と牛のつながりの深いことがうかがえます。
また、五島の農家は昔より家族同様に愛情を込めて育てていたので、「五島牛」という愛称で名声を博しました。このように潮風のあたった自然の草で愛情を込めて育てているので、「五島牛」は一味違う肉質として大きな評価を得ています。


「五島牛」の肉質はこのように優れています。
五島牛肉はおいしいと言われ、各方面から高い評価を受けています。
活水短大の塩田教授も、五島牛肉は風味があり、肉汁が多く、弾力性があり、すぐれていると執筆されています。こうした評価の要因を考えてみると、潮風のふく自然の草で飼育されているので、肉質がやわらかく、味と香りがよい。というようなことが挙げられます。

レストランフォレスト (400x400)
こちらは、都内で唯一、長崎の五島牛を頂けるレストラン。青山通りから1本入っただけなのに、とても静かなロケーションにあります。




五島牛フォンドボー
これがメインの五島牛イチボ肉のカットステーキ。フライパンで軽く焼いた後にオーブンでじっくり火を入れるんだそう。とっても柔らかくて旨みがギュッと凝縮されていて、シェフの自信作だそうです!また、このフォンドボーがお肉の美味しさを最大限引き出している一度は食したい一品。




五島牛 (400x300)
五島牛で焼肉パーティー。みんな「うんめ~!」って言葉しか出てこない。


さらに・・・
五島の子牛は「肉が甘い」とかで評判がよく、子牛のセリ市の時には全国から買い付けにきて、そうして買われていった子牛が全国各地で育てられ、佐賀牛になったり、神戸牛になっていくんです。

炭火関連リンク 炭火ネットワーク

http://www.fnw.gr.jp/7rinhonpo/sumibinet.htm
ツリー型分類目次

openclose

プロフィール

メラメ〜ラ炭眼鏡

Author:メラメ〜ラ炭眼鏡
俺には夢がある。お金持ちになりたい、子供と酒を飲みたい、宇宙人に会いたい、死んだら備長炭で火葬されたい・・・どの夢も見ぬまま今に至る36歳2児の父。

ブログランキングに参加中。クリック願う。
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
麻雀時計 ver.索子(ソーズ)


ギョタク
ブログバロメーター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも

風水生活

つっつんのなんでも日記!~ネットショップスタッフの日常ときどき仕事~

自然大好き・島原

ブリッツしてもヨカですか?

島大好き夫婦の子育てにっき
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。